パッケージクラフトの楽しみ方


はさみ
・手のサイズにあったもの(子供用・大人用)
・利き手にあったもの(左利き用の用意)
・刃の部分がプラスチック製のものは、切りにくい場合がある
【はさみの手入れ】
刃の部分が両面テープなどの接着剤ベタベタし切りにくくなった際は、
ラベル剥がしスプレーなどを染み込またティッシュや布で接着剤を溶かように拭き取ると、
切れ味がよくなる。
参考>はさみの使い方(工作のコツ:(1)切る)
工作道具について「はさみ」
定規・三角定規
透明で格子模様がある三角定規が使いやすくおすすめ
・型紙の線が透けて見えやすい
・紙のエッジに対し垂直に線を引く際、直角を出しやすい
参考>折り線のガイドを引く(工作のコツ:(2)折る)
工作道具について「定規・三角定規」
セロパンテープ・両面テープ
・表面に見える部分の接着は「両面テープ」を使うとキレイに仕上がる
・目立たない部分は「セロハンテープ」でもOK
・粘着力は「普通」「強力」などで、はさみでカットしやすい材質のもの
・のりしろに合わせ複数のテープ幅を用意しておくと便利
【テープ幅参考】
「10mm」「15mm」「20mm」のサイズをよく使い、
「15mm」のものがどんな場面でも網羅しやすい
両面テープの使い方(工作のコツ:(4)貼る)
工作道具について「セロハンテープ・両面テープ」
ペン・鉛筆
・印を付ける他、折り線のガイドを引くためにも使う
【折り線のガイドを引くための道具】
通常のペンなどの他、書けなくなった「ポールペン」や「竹串」などを使うことも。
※先が尖ったものを使う場合は、けがをしないように注意。
参考>折り線のガイドを引く(工作のコツ:(2)折る)
工作道具について「ペン・鉛筆」
のり(ボンドなどの接着剤)
・スティックのりや、強力ボンドなど
【補足】
パッケージの素材によりのりやボンドなどは扱いにくい場合がある。
その際は「セロハンテープ」や「両面テープ」がおすすめ。
工作道具について「のり」
丸棒
・丸みをつけるための棒
・手で持った際、上部に長さの余裕があるものが望ましい
【補足】
側面の丸い、太いペンでもOK
参考>道具を使って曲げる(工作のコツ:(3)曲げる)
工作道具について「丸棒」

保護者の方へ

・工作をする際にはさみを使用します。けがや事故が起きないよう十分にご注意ください。
・パッケージはほとんどすべて使い切ります。商品を取り出す際にフタがやぶれないように展開してください。
・工作をされるお子様の年齢によっては保護者の方の全面的なサポートが必要となります。